LOOP Fishing Guide Serviceは沖縄本島南部のGTフィッシングガイドサービスです。
LOOP Fishing Guide Service ループフィッシングガイドサービス
news
2019年3月9日現在、燃料サーチャージ1日1000円お願いしております。
ご理解のほど、よろしくお願いします。
  • 予約状況
  • 釣行プラン・料金
  • 船・船長
  • 釣果ブログ
  • レギュレーション
  • 出港場所・アクセス
  • お問い合わせ
お電話
090-8294-4435(au携帯電話)
メール
ulua8294ulua4435@yahoo.co.jp
(@を半角に変更してください)
 【予約方法】
①予約状況のリンクから、ご希望の日程の空き状況をご確認お願いします。
②ご希望のご予約をお知らせください。対応可能なツールは(当サイト「お問い合わせ」、Eメール、携帯電話SMS、LINE、Messenger、携帯電話)となります。
③当方からの返信をお待ちください。2日以内に返信応答がない場合、携帯電話までご一報お願いします。

④予約状況のカレンダーにご自身のお名前が記入されていることをご確認してください。
例)山田様→や○○様と記載
予約状況にお名前が記載、更新された時点でご予約完了となります。
*特に④のカレンダーのご確認をもって予約完了とさせていただきます。カレンダーの更新されていない場合はご予約ができておりません。必ずご連絡をお願いします。

※船長1名で運営しております。ご予約の間違いによるご迷惑を防止するため、このような予約方法とさせていただきました。
ご理解のほどお願いいたします。
お荷物について
遠方からのお客様で事前にタックルを送付される場合は、御宿泊予定施設へ送付ください。
出港当日の沖縄入り予定のお客様のみ以下まで送付ください。
〒901-0202
沖縄県豊見城市字嘉数584-6
LOOPフィッシングガイドサービス
小田 雄史
090-8294-4435
ご予約に関するご注意
ループフィッシングガイドサービスでは、KAMAJYA艇1艇と船長一人で運営しております。
よって、以下のような場合、急遽出船不能となることがありえますことご理解頂けますよう宜しくお願い申し上げます。
  • 船の突然のトラブル(エンジントラブル・台風などの自然災害などによる船体修理)による出船不能
  • 船長の体調不良や、いかんともし難い要因
  • 身内の不幸事
また、誠に申し訳ありませんが、このような事態においても、お客様のご旅行代金などの金銭的保証など致しかねますことご了承頂けますようお願い申し上げます。
FaceBook
LOOP FISHING SERVICE
LOOP Fising Guide Service
090-8294-4435
Copyright(C) LOOP Fishing Guide Service Allright Reserved.



LOOP Fishin Guide Serviceは沖縄本島那覇空港至近の糸満フィッシャリーナを拠点とするGTフィッシング・スピニングマーリン専門の遊漁船です。

 

【沖縄本島GTフィッシング】

 国内GTフィッシングの発祥の地として知られる沖縄本島のフィールド。それだけにフィッシングプレッシャーも高いエリアと思われていますが、実際には広大なポイントが広がり、まだまだ未開のポイントが多数存在しています。特に糸満から出港することにより、慶良間諸島はもちろん、聖地スーガマエリア、久米島エリアだけでなく、他の遊漁船がほとんどいない東海岸太平洋側のポイントまでターゲットエリアになります。

 ほとんどのアングラーが遠征の釣りとしてここ沖縄を訪れます。時化による出船中止という事態を極力避けることができるフィールドが沖縄本島でもあります。風向きによっては強風時でも本島の風裏での出船が可能であったりと、沖縄本島を本拠地におく意味が多々あります。

 また、沖縄本島のGTはアベレージサイズが明らかに他のエリアよりも大きいようです。これは偶然大きいGTが釣れているのではありません。国内GTフィッシングの創成期から様々なGTフィッシングが試行錯誤を繰り返し、日々進歩しています。そんな進歩の激しいGTフィッシングの世界でいかに巨大なGTと勝負するのか、勝負できるのか。タックルの進歩はもちろんですが、アングラー側だけでなく、GTフィッシングのガイドも進化してきました。ガイドの狙いにより釣れる魚が変わってくる、そういう一面があるのもGTフィッシングです。LOOPでは、ボウズ逃れ的釣りはありません。0100の勝負を日々やっています。

 もちろん挑戦すれば簡単に釣れる・・・そういう甘い世界ではありません。厳しい中にも一発のメガバイト炸裂を夢見て信じ、キャスト続ける強い精神力が必要です。また、こういう釣りですので、ガイドとアングラーの信頼関係が不可欠な釣りとなります。それだけに、アングラーとガイドの息があったその一瞬、訪れるビッグバイトをキャッチできた時の感動は、他の釣りでは代えがたい最高の一瞬となるのです。

まさにソルトウォータールアーフィッシングの最高峰と言われるゆえんです。

 当ホームページに使わせていただいているGTキャッチの写真は、一人としてプロアングラーはいません。もちろん、プロアングラーもご乗船いただいておりますし、あるメーカーのプロモーション撮影、テレビ取材などもやってきました。しかし、LOOPでは、そんなプロが集まる遊漁船ではなく、GTに憧れ、夢を見ているアングラーを応援したいと思っております。ですので、ファーストGTスクール等も積極的に実施していきたいとおもっております。初めてのGTフィッシング。決して敷居の高い釣りではありません。

GTに対する夢とロマン。それが挑戦者の条件です。



 

【スピニングマーリン】

クロカワカジキ(英名ブルーマーリン)日本では、魚が死んだあとの色でクロカワカジキ。一方、外国ではカジキがキャッチされ死ぬときに放つ美しいブルー。そこからブルーマーリンと呼ばれます。ここ沖縄でもシーズンになると多数のカジキが回遊してきます。

カジキの釣りっていうと、とかく大金持ちの道楽。巨大な豪華クルーザーで狙う。どうもそういう雰囲気がついて離れない世界がこのトローリングの世界でした。道具もファイティングチェアがあり、巨大なリールと棒のような竿。ナイロンのLINEで、ヒット後のフッキングも船を走らせで針をフッキングさせる、そういう釣りでした。

 LOOPでは、そんなカジキ釣りに一石を投じ、普段GTでも使うようなスピニングリールを使い、巨大なカジキに挑戦します。もちろんファイティングチェアはありません。スタンディングでの釣り。PEラインの釣りです。こうすることで、魚と対等な勝負ができ、浮世離れしたトローリングの世界から、もっと面白いカジキ釣りの世界が見えてきました。

ヒット後のファーストランで200mもラインが引き出されます。スプールは熱くなり、アングラーはその瞬間アドレナリンを噴出させます。スピニングでカジキを狙うということは、限られたラインキャパを駆使してカジキに挑戦します。そのスリルたるややってみないとわからないと思います。

 この釣りはまだまだ新しい領域です。私自身も試行錯誤を繰り返し、大きなカジキを時に逃がし、悔しい想いをしながら確立してきました。まだまだ改善の余地は残されていますが、近年のタックルの進歩は凄いのも事実。各社からスピニングマーリンに使える竿、専用ロッドまで開発されています。リールにおいても、シマノステラからはまさにスピニングマーリンの為の30000番が発売されています。もちろん、GT用の18000番以上であれば、この釣りに対応できます。また、ダイワであれば6500番以上が対象になってきます。